車の買取って下取りよりも査定額が高いのか?

買取と下取りを理解してうまく利用しましょう!
車を買い替える際に、皆さんは買取査定を受けた事がありますか?
車を乗り換えるとき、次に購入する車の販売店やディーラーへの下取りで今の車を売却するケースが多いと思います。
実際に、丁寧に乗ってきた愛車を下取り査定して提示された価格にガックリした方もいるでしょう。
最近は、車の買取もネットの普及でわかり易く簡単に利用できるようになり、参加する買取業者も増えたので何社かで買取査定を受けることで、下取りよりも高く愛車を手放されるようになってきています。
そこで、買取と下取りのメリットを比較しながら車を少しでも高い金額で買取査定してもらう方法を紹介します。

買取り

買取りは査定で決まる車体イメージ

車の買取は、新車や中古車を購入する際に、購入するディーラーや販売店以外に現在の車を買い取ってもらう事を言います。
車の買取を行う業者も様々な特色があります。
まず、テレビCMなどでも見る全国チェーンで中古車を扱う大手中古車販売会社です。
大手の中古車販売店の場合、自社で販売するのを目的に中古車を買取りする事がほとんどなので、人気車種や例えば4WD車など季節によって販売台数が伸びる車なら高額で買取してくれる場合があります。
そして、買取を専門している業者も多く、この場合、自社で中古車として販売するのではなくほとんどの場合、一般人は利用できない中古車オークションへ出品されます。
中古車オークションの場合、仕入れに来る販売業者が顧客から頼まれた車種や季節に応じて売れ筋の車種を落札しますのでやはり、人気車種など高額買取りし季節性の応じて重視する仕入車種も変わるので、買取査定価格の変動も大きいのです。
また、年式が古くても希少性があり中古車オークションで高額取引される車種の場合、驚きの買取査定価格を提示されることも稀にあります。

買取査定の基準はあるのか?

車買取査定のベースは、まず車種、年式、走行距離です。
車種は、やはり人気がある方が査定額のベースが高くなる傾向があるようです。
車を買取してもらう場合、年式は、新しい方が当然高額査定になりますが、車メーカーが行うフルモデルチェンジを行うと2年前に新車で買った車でも旧型車となり、中古車市場でも多く流通するようになります。
その場合、現行車(最新モデル)と比べ買取価格が若干の値下がりするケースが増えてきます。
逆に、新型車の形が嫌でどうしても前のモデルを買いたいと探すユーザーもいますので、そのような車種だと買取価格の下落も緩やかになります。

走行距離や車体の状態で買取査定価格が変わる!

走行距離や車体の状態で買取査定価格が変わるメーターの図

一番重要なのが走行距離ともよく言われます。
年式が新しく現行車(最新モデル)でも、1年で5000キロの車と3万キロ走った車では、やはり車の部品が消耗する度合も大きく違います。
居住する地域によっても、車の使いみちが違い年間の走行距離に差が出るとおもいますが、基準として1年で1万キロ目安があり例えば、3年で2万キロなら走行距離としては、プラス査定なります。
ボディカラーも査定対象!
中古車市場で人気車種でも車のボディーカラーによって査定額が変わります。
例えば、黒や白などは人気カラーのスタンダードですが、女性が好んで乗る車種などはちょっと奇抜なボディーカラーがプラス査定になるケースもあります。
限定車として販売れた車種などにある純正の限定カラーなどは、希少性もあるのでプラス査定になるケースがあります。
やっぱり重要な外装と内装の状態。
ボディのヘコミや傷、洗車では落ちないひどい汚れなどは買取査定価格を下げる原因になります。
また、内装では、シートの汚れや喫煙車の場合、臭いや天井などに着いたヤニでの変色なども買取査定がマイナスになる事が有ります。
買取査定は、純粋なその車の価値なので同じ年式の同車種でも日頃の車の扱いでプラス査定になったり、マイナス査定になったりしますので、ご自身の愛車を日頃から洗車やメンテナンスすればいざ買い替えの時の買取査定も満足のいく価格提示が期待できるでしょう。

新車購入時に着けたオプションはプラス評価になるの?

純正オプションのカーナビ

メーカーオプションで着けた装備やカーナビなどはプラス査定になりやすく、逆に社外パーツを新たに穴をあけて取り付けたりしている場合や交換した純正パーツが無い場合は、マイナス査定になる場合もあります。
但し、例えばスポーツカー専門の中古車販売を行う業者などでは、外装にカッコよさや改造済みの中古車を探すユーザーも多いのでそのような車種の場合、専門に扱う買取業者に査定してもらいとプラス査定になる場合もあります。
買取査定は、査定を行う業者の得意分野によって価格が大きく変わる事がよくあります。
例えば、セダンなどを多く扱う中古車販売店にミニバンを買取査定してもらっても、直接再販するのが難しいので中古車オークションなどに出品する場合どうしても買取業者の利益が減ってしまうので思い切った数字を提示できない場合もあります。
逆にミニバンを中心に中古車を販売している業者なら、人気車種などはオールラウンドな業者より高い価格を提示してくれることもあるでしょう。

買取査定を受けるときにあるとプラスな書類などは。

新車で購入した場合、『整備記録簿』が車検証のファイルにあると思いますが、点検時や整備などの記録が細かく記載されているので買取査定の時も車の状態が把握しやすくなります。
また、メーカー保証期間内の車種であれば保証書もあると買取査定が有利になります。

ぶつけて直した事があるのは事故車なのか?

事故車の修理はマイナス査定か

ドアの一部をぶつけて修理したとか、バンパーを擦って交換したなど、何年も車を使っていると一度はある車に修理。
現状見た目は、ピカピカ。このような場合は買取査定に影響があるのか。
買取査定してもらう場合、修理の事実が隠さずに伝えたほうがいいです。
プロ目線で査定士が見れば、素人ではわからない修理箇所もすぐにわかります。
しかし、ヘコミの板金やバンパー交換など走行に影響がない場合は、事故車扱いにはなりません。

下取り

下取りは、新車や中古車を購入する際に、ディーラーや販売店に現在の車を引き取ってもらいその車体の価格を購入する車の値段から引いてもらいます。

下取りのポイント

下取りの査定価格は妥当なのか

新しく購入した車を納車してもらう時に今の車を引き渡せるので、車が無く外出などに困ることが無いことです。
そして、買取と違い、いろいろな業者との買取査定などの時間が大きく省けます。
下取りの場合、車を買取ることがメインではなく、新車や中古車を販売することがメインとなりますので中古車市場で人気の車種だからやオプションが多く付いた車種だからなどはあまり評価の対象にはならないようです。
しかし、販売が始まったばかりの人気車種を新車で購入する場合、思い切った値引きを提示できない事もあり、ディーラーや販売店が下取り価格を少し高くしてくれる場合もあります。
また、中古車市場での不人気車なども年式や走行距離次第では、買取よりも下取りの方か価格が高い場合もあります。
古い車種で買取査定がゼロだった場合でも、下取りなら気持ち程度でも値段をつけて引取ってくれるケースもあります。

愛車を高く買取してもらうためのポイント

車を買った時から、売るときは高く買取ってもらおうと思って車を使う方はほとんどいないと思います。
ピカピカの新車や気にって買った中古車なら、洗車やメンテナンスは日ごろからしているでしょう。
その愛車を、次の車に乗り換える時、ちょっとしたメンテナンスで買取価格が10万や20万高くなれば嬉しいですし、購入する車の代金にも充填できますよね。
ここでは、買取査定で高額提示を受けるためのポイントを紹介します。

丁寧な洗車をいつも心がける

車を洗車するといっても、洗車機で毎回洗うのと、手洗いするのでは、時間の経過とともに着く洗車キズも変わってきます。
買取査定のプロは、そのあたりも細かくな傷も見逃さずチェックするので、せっかくなら愛車をいつも丁寧に洗ってあげましょう。

エンジン関連のメンテナンス

エンジンルームのメンテナンスで高額査定

新車を購入からディーラーで継続整備してもらっている場合、いつ何キロでオイル交換をしたなどが『整備記録簿』に記載されています。
また、カー用品店などで毎回オイル交換をしている場合でも、整備ファイルなどをくれるケースが多いので捨てずに保管しておきましょう。
エンジンオイルを長く交換せずに汚れたままで車を使っているとエンジンが傷みエンジン音が大きくなったりしますので定期的な交換を行いましょう。
また、エアクリーナーの汚れは燃費が悪くなる原因になりますので、こちらも定期的に掃除や交換が必要です。
買取査定で重要なエンジンのメンテナンスはアピールできるポイントです。

細かなボディの擦り傷は消せるかも。

ドアの鍵穴付近やドアノブ部分は、丁寧に扱っていてもどうしても細かい擦り傷が出来てしまいます。
このような擦り傷は、ワックスやキメの細かなコンパウンドなどで消せる場合が多いので、買取査定前にチェックしておきましょう。
但し、車をボディーコーティングしている場合などはコーティングを剥がしてしまう恐れもあるので注意が必要です。

純正部品も用意する

社外アルミやエアロなどのドレスアップやマフラー交換などをしている場合、外した純正部品がきちんと保管してある方が買取査定への影響も少ないようです。

内装はキレイななほうが絶対イイ!

内装をキレイにしてプラス査定に

どんなにが外装がピカピカでも内装の汚れが目立っていたり、ステッカーがダッシュボードやガラスなどにベタベタ貼ってあったりでは、やはり高額査定はうけられません。
買取査定を受ける際は、車内を隅ずみまでチェックしステッカーなどが剥がしておきましょう。
また、中古車を購入するユーザーでも禁煙車を探す方が多くなっております。
タバコに臭いはなかなか取れないものですが、消臭剤などを置くなど日頃から気を付けたいポイントです。
そして、シートの汚れなども車内清掃した際に、きっちりと落としておきましょう。

買取査定はいろいろな業者にしてもらう。

買取査定で高く値段をつけてもらう方法は、車をキレイにするだけではありません。
なんといってもいろいろな買取業者に査定してもらい、一番高い価格を提示してくれた業者と取引するのがベストでです。
大前提として、その買取業者が信頼できる会社なのかなどがありますが、現在はネット社会が普及し買取業者とコンタクトする前に、おおよその買取額をネットで簡単に査定できるようになりました。
大手の中古車販売会社など参加する一括の買取査定サイトは、無料で入力も簡単。
各社ごとにおおよその提示価格がわかるので、その中から何社かに査定してもらうのがベストです。

おすすめ査定サイト

カービュー

参加査定会社は212社!
最大8社へ査定依頼できます。

車系SNSで人気のカービューが運営する完全無料の一括査定サイト。全国どこでも査定依頼が出来ます。査定実績は390万人以上!

▲ページトップへ